本家の相席屋しか信用しない!グレーなサクラを用意された暴露話

 

全国的に相席屋が広がって、それを見て、同じようなサービスをしている居酒屋も増えてきています。
今回体験をした話は、公式の相席屋とは全く関係がなく、似たような類似サービスを提供しているお店の話です。

 
私は大阪に住んでいるのですが、友達と相席屋に行こう!ってなって、お店に到着したものの、かなりの予約待ちでした。

 

 

すると友人が近くに、本当の相席屋ではなくて、似たようなサービスをしている居酒屋があるから行こう!

 
ということになり、そのお店に行くことになりました。

 

※このお店は一切相席屋の公式と関係ありません。

 

あえてお店の名前は出しませんので、ご了承ください。

 

本家の相席屋は男性も女性も予約待ちの状態だったんですが、この偽物のお店はすぐに入店をすることができました。

 
男性2人で入って、女性待ち、

 

呼び込みを頑張ってくるので、もうしばらくお待ちください!と言われて待つことに、、、。

 

 

結構長く待たされて、結果的に言うと1時間後に女性2人が到着!

 

お世辞にも綺麗な女性とは言えません。

 

しかし外見だけで判断するのも失礼なので、紳士的に相席スタート!

 

開始1時間20分経過後、びっくりする事実を女性から聞かされます。

 

会話の一部をご覧ください。

 

このお店良く来るん?

 

たまにかなー。いつもは普通の居酒屋で飲んだり、barが多いよ!

 

 

そうなんや!今日はじゃあ偶然お店に来た感じ?

 

ていうよりかは、お店の店長さんと仲良くて、男性2人が待ってるから、どうしても来てくれへん?
ってお願いされてきた感じやで。

 

まじか!そういうのよくあるん?

 

たまにかかってくるし、友達にも多いよ!

 

今日もほんまはクラブ行こうとしてたけど、どうしても1時間でも来てほしいってお願いされて、

クラブ行く前の1時間ぐらい無料で飲めるし、来た感じ

 

いやーこれってさグレーゾーンのサクラだと思うんです。

 

男性がこうした居酒屋に求めているのは「リアル感、リアルな出会いです」

 
そして女性にお金を払っていないにしても、グレーなサクラだと思います。

 

 

こうした女性が1組でもいるってことは、このお店の女性は出会いを求めるよりも、
どうせ飲むなら無料で飲めるし、お店から誘われるし、ってな具合。

 

根本的な「出会いの為に来ている女性が少ないのでしょう」

 

 

その証拠にこの女性の2人とは連絡先を交換してよ!と言われ見事に断られました。

 

 

ちなみにですが、公式の相席屋では私は連絡先の交換を断られたことはありません。

 
また公式の相席屋では上記のようなグレーゾーンのサクラ経験も一切ありません。

 

相席屋に似せている店舗は信頼できない。

 

相席屋のビジネスモデルの一番大事な事。それは女性をお店に呼ぶことです。
だからこそ無料で入れるサービスを展開しているのだと思います。

 

このサービスは女性が入らないと成り立たないし、男性はリアルな女性がいるから、少し高い金額でもお金を払います。

 

 

公式の相席屋はテレビや雑誌広告や運営方針も含めて、自然とお客さんが入る仕組みを構築できています。

 

数十店舗運営している今、リスクを冒してまでサクラを雇う必要は全くないので、安心できると思います。

 

逆にこのビジネスモデルをそのままパクっているお店も増え続けています。

 
しかしこうしたお店はモデルを真似たとしても、ブランド力、信頼度がないので女性も客足が遠いのでしょう。

 

女性客が来ないと男性客も来なくて、ビジネスが成り立ちません。

 

またグレーなサクラを雇う場合には、全て口約束で女性にお願いをしているはずなので、

お酒が入れば口が軽くなり、普通にべらべら喋ってしまいます。

 

どうせ使うならがっつり教育したサクラを入れたほうがばれにくいとは思いますが、

 

結局その場合にはバレた場合には倒産レベルのリスクもあるわけで、、、

 

 

 

そこで私が体験したように、一度来店した女性の連絡先を聞いておいて、困った時には営業をかけていることを推測できます。

 
もちろん店舗によっては、一切グレーな事をしていない店舗もあるでしょう。

 

 

無難に楽しむなら本家が一番信用できなるーと改めて感じました。

 
この記事もあわせてご覧ください↓
 
相席屋のサクラ説は実際どうなん!?相席屋達人が考える

 

セフレ作り方!ナンパするより効率よくセフレを作る方法

One Response to “本家の相席屋しか信用しない!グレーなサクラを用意された暴露話”

サブコンテンツ

このページの先頭へ