相席屋のサクラ説は実際どうなん!?相席屋達人が考える

 

uuu60

 

相席屋に行く前に気になるポイントの一つとして「サクラ」はいるのか?という事だと思います。

 
女性が無料で男性は有料。経営自体女性が来ないことには成り立ちません。

 

じゃあお店がグルになってサクラを利用していると疑問に思う事もあると思います。

 

1度相席屋に行ったことが有る人ならわかると思いますが、100%サクラはいないと思います。

 
時間帯によって女の子が全然足りないで、男性が余ってしまうことも経験した事がありますが、だからと言ってサクラっぽい女性が当てられる心配はありません。

 

リアルに相席屋に来たいと思っている女性と話をする事はできます。

 

 

ただ注意するポイントがあります。それは【食事だけに来ている女性】

 

 

女性が完全無料という事もあって、「食事やお酒だけを飲みに来ている女性」がいることは確かだと思います。

 

 
実際に多くの口コミや評判を見る中で、一番男性側から嫌なのがこれらの女性です。

 

 

お店自体もこういった女性がいることで、質と評判を落としてしまうので出来るだけ避けたいところではあると思いますが、完全にゼロにする為にはシステム上少し難しいと感じています。

 

 

最近とある店舗に行ってみましたが、半年前に比べると非常に客入りが少なくなっていました。

 

 

男性友達に聞いてみると、サクラはいないけど、出会いを求めていない女性もいるから、お金を払いたくないと言っていましたね。

 

 

個人的には女性も1時間500円程度お金をもらうことで、出会いだけを求めている女性が来るのになーと感じたことはあります。

 
ただ基本的には出会いを求めている女性が多いので、後は自分の実力次第とも言えるでしょう。

 

 

お店の立場から見てみると、サクラが存在しない理由がよくわかります。

 
現在相席屋は北海道、新潟、福島、群馬、千葉、宮城、茨木、東京、大阪、神奈川、埼玉、今後も恐らくお店が増えていくと思います。

 

数十店舗現在ある中で、一店舗だけでもサクラを理由してしまえば評判や口コミの評価がガックリ下がってしまいます。

 
経営的には女性客も常に入れることができるような状況は大切ですが、それ以上に男性陣に「夢」を持たせてくれなかったら経営は破綻すると思います。

 

そういう意味で言うと「相席屋が現在の状況でサクラを利用する理由がありません」

 

 

さくらを利用するぐらいなら、テレビ、雑誌、インターネット等の広告を利用した方が確実に費用対効果が高いからです。

 
実際に私自身数十万円を使って楽しんでいますが、リアルな女性にしか出会ったことがありません。

 

女性と仲良くなる為にはスピード重視

 

リアルな女性がいて、出会いを求めているか、求めていないのか?話をしていくと10分もすればどういった女性なのかある程度把握できると思います。

 
相席屋は時間が経てば経つほどお金がかかりますので、おすすめとしては1時間以内には女性を判断する必要性があります。

 

店を出るのか?そのまま居るのか?違う店で飲みなおすのか?この判断は出来るだけ入る前に友達と合図を決めておきましょう。
私が一番最初に行ったときにはそんな事も考えていないでお会計が1万円近くになりましたから(笑)

 

1回で勝負を決めるというよりかは、相席屋の特性上同じお金を使うなら1回の利用時間は1時間までぐらいにしておいて、複数回行くほうが楽しめますね。

 

全然喋れなくて仲良くならなかったら1時間経たないぐらいでお店を出ても良いし、仲良くなってもっと喋りたいと思ったら長居もできます。

 

かなり仲良くなる事ができれば、その流れから【カラオケ】等へ遊びの場所を変える選択肢も出てきますよね。

 
出会いが少ない方におすすめは【スマホで出会いを求めている人を探す事です】↓
 

ネット経由出会いならPCMAX(登録無料)
 

本家の相席屋しか信用しない!グレーなサクラを用意された暴露話

セフレ作り方!ナンパするより効率よくセフレを作る方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ